ナイガイ情報発信サービス

原因と発生箇所が不明な漏水事案について

マンション内で水漏れ事故が発生しその原因が不明な場合の責任は、管理組合が負担します。そこで専門業者等に調査を依頼した場合は管理組合が費用を負担することになります。
マンションの設置又は保存上の欠陥に基づく損害について民法では、その工作物の占有者または所有者がその賠償責任を負うこととされています。但し占有者は一定の場合責任を逃れることがあります。
但し、マンションの場合はその欠陥のある部分が共用部か専有部かによって、責任主体が違ってくるという特殊性がありますが、実際には、欠陥が建物のどこにあるのかわからないことがあります。
そこで、区分所有法9条では、瑕疵の存在場所が特定できない場合は、瑕疵は共用部分にあるものと推定しました。このことによって、管理組合又は区分所有者全員が損害賠償責任を負うことになるのです。

2021/5/28

  各種お問合せ・資料請求
 0120-120-177
 受付時間:平日9時~17時

    受付時間外は24時間コールセンター

24時間相談コールセンター

0120-715-177

情報発信サービスー2021年度ー

情報発信サービスー2020年度ー