安心・信頼・実績の内外美装グループ  マンションの価値は管理で決まります!

マンション維持・修繕事業

Maintenance and repair

1長期修繕計画立案

マンションの資産価値を決める長期修繕計画

  社独自の長期修繕計画で提案
鉄筋コンクリート造りでいかにも頑丈なイメージのあるマンション。しかし実際は常に直射日光や風雨、寒暖差などの影響を受けています。また電気・給排水設備、エレベーターなどは二四時間三六五日働き続けています。こうして建物や設備はどんなに適切な維持管理を行っていても、少しされていない劣化していくのです。年月とともに進行する建物・設備の老朽化はマンションの快適性や安全性にとって大きな脅威となるだけでなく、その資産価値まで損ない、居住者減少・財政難・スラム化といった深刻な事態を招きかねません。そこで当社では国土交通省では考慮されていない現状分析・短期的な資金不足等も考慮した独自の長期修繕計画を作成。現状を踏まえたうえで最適な提案をさせて頂きます。

  30年後の将来を見据えた修繕積立金の収支状況を予測し計画を提案します。

   マンション永住時代の計画
人間と同じように、マンションも歳を取ります。建物や設備の老朽化は、居住者の快適で安らかな毎日を脅かしかねません。そして、劣化や不具合を放置していると、マンションの資産価値も損なわれてしまいます。当社では、建物や設備の修繕工事を周期的に実施していく資金計画「長期修繕計画」を立案。マンションの快適性や資産価値を維持し、長期的な視野で、かけがえのない皆様の暮らしと資産を守り続けてまいります。  
    内外美装の長期修繕計画はここが違う
国土交通省のガイドラインに沿った形式で作成しております。また国土交通省では分析しない現状及び一時的資金不足も独自の見解で作成しております。現状に即しながらも必要な工事項目等もしっかり計画にいれておりますので長期的な計画を立てていただけます。

     現実に即した手段と資金計画で最適な修繕積立金の改定を提案します。

       「修繕積立金」についても独自の見解で実情に応じた提案
マンションにおける永住志向が高まりを見せるなか、“終の棲家”としての快適性や安全性、そして資産価値を維持させていくためには、老朽化が避けられない建物や設備に周期的な修繕・改良工事を実施する必要があります。こうした工事では大きな費用負担が発生し、いざ不具合が発生してから費用を調達するのは難しいものです。そこで長期的な視野に立ち、将来の工事費用を算出して毎月「修繕積立金」を積み立て、あらかじめ準備する資金計画を立案しておく必要があります。この資金計画は「長期修繕計画」と呼ばれ、マンション永住時代におけるマスタープランと位置けられています。当社では「修繕積立金」についても独自の見解で実情に応じた提案を行い皆様の資金計画のお手伝いをさせて頂きます。

2建物劣化簡易診断

準備段階での費用対効果を考慮した簡易調査

    大規模修繕工事前の準備段階でのコストダウンを図る当社独自の提案
長期修繕計画は、建物各部の現状調査及び設備各部の現状調査などを基に繊細な計画をたてていくことになります。当社では多額の費用が発生する調査に関しても独自の見解で費用対効果を踏まえたうえで現状に即したベストな調査項目をピックアップ。今後の資金計画にも影響を与える準備段階でのコストダウンを図り、安心して工事に取り組むお手伝いをさせて頂きます。

  専門家の目で建物点検を実施
マンション管理に精通したスタッフが直接建物の現状を確認し管理組合へ報告。理事会等で説得力のある提案が可能です。
 コストパフォーマンスの高い提案
建物設備に精通したスタッフが在籍しており一級建築士等と連携で管理組合様の実情に応じて適切な提案を実施します。

現状に即したベストな調査項目に絞って費用対効果に優れた調査・報告をさせていただきます。

マンション管理事業
マンション維持・修繕事業
組合運営サポート事業